Newman

About us

  • English
  • Japanese

After World War II, and into the 1950's, the economy in America boomed.
While materialism flourished in its cities,
American youth rejected stereo types and experienced an intense antithesis against the growing conformist era to find its own values.
These young people departed the cultural capital of the world, New York, and headed to America's last frontier, San Francisco.
One youth, who arrived in North Beach, changed our world into “New America”, by birthing a singular counterculture.
This revolution started as a small community on 261 Columbus Avenue.

"NEWMAN" averts mass production and materialism.
It deeply sympathizes with the youthful frontier spirit
by freeing the bottled human nature from within
our constrained system.
By adapting the youths principles into its craftsmanship,
and incorporating contemporary style,
NEW MAN creates eyeglass wear that emphasizes
the quality of each individual product rather than
mimicking the luxury trends of today.

戦後の経済成長に沸く1950年代のアメリカ。
物質的繁栄が人々の暮らしを豊かにする一方、蔓延する順応主義に強烈なアンチテーゼを揚げ、
時代の波に抗いながら独自の価値観を見いだそうとする若者たちが存在した。
彼らは世流の中心地、ニューヨークに別れを告げ、吸い寄せられるようにアメリカ最後のフロンティア、サンフランシスコをめざした。
中でもノースビーチに到着したひとりの若者は、やがて「新しいアメリカ」として世界を変える、ひとつのカウンターカルチャーを生み出すことになる。
その革命は、コロンバスアベニュー261番地で発生した、小さなコミュニティからはじまった。

『NEWMAN』は、大量生産や物質主義を嫌悪し、
体制の中に押込められた人間性を解放しようとした
彼らのフロンティアスピリッツに深く共感する。
その精神をモノ作りに置き換え、現代に引き継ぐべく、
トレンドやラグジュアリー感よりも、プロダクトの一点一点の
クオリティにこだわったアイウェアを展開する。

Menu

Close