Newman

To realize, and create
CREATOR'S INTERVIEW
Francesca & Jimmy

Photo . DAISUKE YOSHIDA

  • English
  • Japanese

Despite being a suburban city, Bristol continues to be a fountain of British culture and has created its own unique culture starting with art and music. We interviewed husband and wife Francesca and Jimmy, who both live in Bristol as artist and musician, about their thoughts on their creativity, and about their experiences and what led them to where they are now.

First off could you please tell us about your musical / artistic activities and history,and the reason behind them.
Francesca < F >
My career as an artist has evolved slowly. I have always loved creating, drawing, painting, sewing, making. But have also done other things like teaching. Art is something I have perennially returned to - I can't escape it! About five years ago I decided to commit myself to it and see where it took me, and I have been building up a portfolio and working on commissions ever since.
Jimmy < J >
I've been playing music, either solo or in bands since I was about 6, but I really got going as a teenager; I've played all over the world in all kinds of venues, made little records and videos independently, and had the honour of knowing and working with some truly great artists. I'd say the highlight of my career was supporting Amy Winehouse at one of her first gigs in Bristol. I once also played in Rufus Wainwright's band at a massive American stadium. I was so nervous my knees were knocking together.

Are there any artists, musicians or designers etc. that have influenced you?
< F > At university I studied English literature. I have always read and am greatly inspired by literature. I immerse myself in fiction and imagine visual worlds to go with the novels that I read. At home I have shelves full of books - everything from Tolstoy and D H Lawrence to Margaret Atwood and Ann Tyler. I also own stacks of children’s picture books which I turn to for inspiration. I love the illustrations of the late Errol Le Cain and also the Swedish painter John Bauer. I am half Finnish and have spent many summers in Finland and admire the work of Tove Jansson. Many of the writers and illustrators I am inspired by encapsulate and convey a sense of mythology, both ancient and modern which appeals to me. I am eternally fascinated by our relationship with nature and how we inhabit the spaces and areas we live in. In my work there is often a sense of the outside and inside blending into one another, whilst the people sit somewhere in the middle.
< J > I appreciate melancholic authors such as Salinger or darker musicians such as Nick Cave or Bowie in his 'Low' period. I adore anything which is romantically forlorn and which shuns current trends, which tend to have no substance or lasting value. We will still be listening to Tom Waits or Leonard Cohen (– Nov 7, 2016) in a century. Others, not so much.

Where do you get inspiration from in your activities?
< J > I'm inspired by an interior dialogue, an incessant babbling of thoughts and melodies which for some reason I feel compelled to share with the outside world! At the moment I am writing lyrics which strive to be subtly political without being preachy. It's proving very difficult.
This is a question for Jimmy. Bristol is said to have established the “Bristol Sound” in the music scene in the 1990s including UK Dub, did you know this scene at the time? If so, what was it like?
< J > Bristol had reached me long before I ever arrived here. The big three: Portishead, Massive Attack, and Tricky were the aural wallpaper to a special era in British music which sadly I don't think we'll see again.
We hear you are creating a benefit track with members of Portishead, Radiohead and Massive Attack...
< J > I'm very very sorry, but I can't talk about this project until it's released! Apologies! Wait and see..
How is the UK music scene and UK culture at the moment?
< J > Bristol continues to have one of the best music scenes in the country: loads of live venues, world-class musicians of every style, and I think a spirit of cooperation that you might not find in a larger city.

Do you have sessions together and/or collaborate together? Are there any areas where you mutually inspire one other?
< F > In the evening when the kids have gone to bed, Jimmy and I will often work alongside each other. He’ll compose and play music whilst I paint and sketch. I feel lucky to have a creative partner, someone to work ideas through with. We have never directly collaborated but it is something I would like to do in the future.
< J > Francesca has been the inspiration for several ballads I have written! We usually spend our evenings playing music and painting. We 'collaborate' mainly on the kids, trying to guide their creative instincts into music and art...

Do you have any moments of realisation, inspiration etc. when you create? If so what kind of moments are these?

< F > Ideas frequently come to me just before I fall asleep. Images float up out of the darkness. I keep a sketch book next to my bed so that I can quickly sketch ideas down.

< J > Songs can come to me quite slowly, emerging from a fog of sound or mood. Usually a juicy lyric strikes me, some turn of phrase which guides the rest of the work. I probably have a hundred Eureka moments each day; it all comes down to which one you decide to act upon.

What do you think is the most interesting part of Bristol?
< F > Bristol has a thriving art scene, there are so many creative people living and working here. We have recently moved to the countryside just outside Bristol, so that our kids can live closer to nature and have a more innocent childhood slightly removed from the hectic pace of city life. It’s nice to be able to experience the creative buzz of the city, and then retreat back to our quiet country idyll at the end of the day.
< J > Bristol is attractive because it has so many elements in one very manageably-sized space. If you want gritty urban decay, you can have that. If you want stately and elegant, you can have that. It's also very easy to escape into some very lush countryside here. It's a place where you can live any number of lifestyles simultaneously.
If you were to take a trip where would you go?
< F > There are many places I would like to travel: India, for the colour, New Zealand for the dramatic landscapes, the Outer Hebrides for wilderness, Egypt for history. Japan for the cherry blossom.
< J > I've traveled all over the world, but still never made it to Africa. Morocco and Tunisia are of particular interest to me musically.
What is your idea of paradise?
< F > Paradise is: sitting at the kitchen table and painting, with a glass of beer and a candle next to me. The house is quiet and the children are asleep upstairs. I can just see the silhouette of the forest at the end of our garden with the moon rising above it.
< J > Paradise? Any more than 6 hours of sleep is close enough.

What is your idea of adventure?
< F > Adventure is: going camping somewhere along the wild coastline of the united Kingdom with our bell tent and our children. Swimming in the wild, heaving sea, cooking on a campfire and going to sleep at night in our tent with a thunderstorm raging around us.
< J > I suppose adventure takes on many forms. When I was younger it was getting lost in strange cities or hiking in the Himalayas. At the moment raising five children is intensely adventurous...

Living in a home surrounded by nature, away from the centre of Bristol, they create in resonance with one another. With an enriched life as their focus, and their own established style, Francesca and Jimmy continue creating without end.

地方都市でありながら、音楽、アートをはじめ、独自のカルチャーを生み、英国カルチャーの発信源であり続ける街、ブリストル。
そんなブリストルで暮らし、それぞれがアーティスト、ミュージシャンとして活動するフランチェスカ&ジミー夫妻に、クリエイションへの思いや現在に至るまでの歩みなどについてインタビューを行った。

まずは、ご夫婦の活動経歴を教えてください。
フランチェスカ(以下F) 私のアーティストとしてのキャリアはとてもゆっくり始まりました。もともと何かを作ったり、描いたり、縫ったりすることがとても好きです。だけど教師という全く別な事もしてきました。アートは何か自分にとっては逃れられないもので結局そこに帰って行った感じ!そして5年くらい前に、アーティストとしてどこまでやっていけるかやってみようと決意、今はポートフォリオを作ったり、委託で制作しています。
Jimmy < J >
ジミー(以下J) 僕は6歳くらいからソロであれバンドであれ楽器を弾いてきましたが、ティーンネージャーになってすっかりはまって世界中それこそ色んな会場で演奏してきました。ちょっとレコードやビデオを自主製作したり、また大物アーティストと共演したりしてきました。たぶん一番の大きな仕事はブリストルで駆け出しの頃のエイミー・ワインハウスのバックアップをした事かな。それとアメリカの巨大なスタジアムでルーファス・ウェインライト率いるバンドで演奏したことがあります。あまりに緊張して両膝がぶつかり合うほどガクガクしたのを覚えています。

影響を受けた作家や、ミュージシャン、デザイナーは誰ですか?またその理由を聞かせてください。
F 大学では英文学を専攻しました。本はよく読むし、文学から多大なる影響を受けています。小説を読みながら眼に浮かぶ情景を想像し自分自身お話の中にどっぷりと浸ってしまいます。家の本棚にはかなりの蔵書… トルストイ、D.H.ローレンス、マーガレット・アトウッドにアン・タイラー等。 それと子供向けの絵本もかなりの数を持っていて、これは作品作りのインスピレーションになっています。特にエロール・ル・カイン晩年のイラストやスウェーデン画家のヨン・バウエルの作品が大好きです。自分が半分フィンランド人な事もあり夏はよくフィンランドで過ごしてきました。トーベ・ヤンソンの作品に憧れています。私が影響を受ける作家やイラストレーターは、作品の中に古代であれ現代であれ神話の意味を閉じ込めて伝えようとしていて、そこに魅了されます。私は常に自然とのかかわり合いと何処でどう暮らすかに大きな関心を持ってきました。私の作品には家の外とも中ともつかない、どこかその真ん中位に座っている感じがよく出てきます。
J 僕は陰のあるような作家、例えばサリンジャーだったり、ダークな感じのミュージシャン、ニック・ケイヴやアルバム”LOW”を発表した頃 のボウイが好きです。もうどうしようもなく絶望的な感じがするものや最近の流行りすたりが激しい楽曲にはないものがとても好きです。今そんなミュージシャンはトム・ウェイツやレオナルド・コーエン(2016年11月7日没)位かな、他はそんなにいません。

活動におけるインスピレーション源は、どこからきますか?
J 僕は頭の中に次々と考えや旋律が思い浮かんできてどう言う訳かこれをみんなに伝えなきゃと感じてしまうのです!現在説教臭くなく、さりげなく政治的なメッセージになるような詞を書いているのですが、これがなかなか難しい。
ジミーに質問です。ブリストルはミュージックシーンの中でUKダブをはじめ、90年代に”ブリストル・サウンド”と言われるジャンルが確立されていますが、当時のシーンをご存知ですか?また、どうのような感じでしたか?
J ブリストル・サウンドと言われるようになったかなり前から僕自身ブリストルの音楽シーンにはまっていました。やがてビッグ3、ポーティスヘッド、マッシヴ・アタック、トリッキーは何処にいても聴かない日はないくらい(ブリストル・サウンドとして)ブリティッシュ・ミュージックの一時代を築きあげて行ったのです。残念だけどまたあの頃のような事を見る事はないと思います。
ポーティスヘッド、レディオヘッド、そしてマッシヴ・アタックのメンバーとチャリティーソングの制作をしていると聞いていますが、作業はどのように進むのですか?
J 申し訳ない、これはちょっとまだ話せないんだ! 発表になるまでお楽しみに!
現在のイギリス(ブリストル)の音楽シーンや、カルチャーシーンはどんな感じですか?
J ブリストルはこれからも国内屈指の音楽シーンであり続けると思います。ライブハウスも沢山あるし、どんなスタイルにおいても世界に名だたるミュージシャンがいるし、それぞれ協力し合う精神はもっと大きな都市では見つけられないと思います。

ご夫婦でのセッションや共同作業、お互い刺激を受ける部分はありますか?
F 夜、子供達が寝てしまってから、ジミーと隣り合わせで仕事をすることはよくあります。彼が楽曲づくりをしている傍らで私が絵を描いたり、スケッチしていたり。自分と同じようにアイディアを形にしていくクリエイティブなパートナーがいて幸せだなと思っています。私たちは二人でコラボをしたことはまだないのですが、将来的にはやってみたいと思っています。
J 僕が書いたいくつかのバラードはフランチェスカが基になってます!僕たちは夜演奏したり、絵を描いたりしています。(今のところ)″コラボ″は子育てかな、子供達の創造性豊かな本能が音楽やアートに向けられるよう接しています。

クリエイションにおいて、覚醒する時はありますか?また、それはどんな瞬間ですか?

F アイディアは眠りに落ちる前によく思い浮かびます。暗闇からイメージが浮かびかがってくる感じで…なので、いつでもサッと描けるようにスケッチブックは枕元に置いてあります。

J 歌は音や気分の靄の中から結構ゆっくりと生まれてくる感じです。たいていは「あー、これ堪らない!」って感じの歌詞が切っ掛けでいくつかのフレーズが生まれ残りが仕上がっていく感じ。たぶん一日に100回くらい「あっ!」って思う瞬間があると思うんだけど、それが最終的に一つになっていく感じ。

ブリストルの魅力的なところは、どういうところですか?
F ブリストルのアートシーンはとても活気があります。非常にたくさんのクリエイティブな人達が住んでいるし、そういう仕事に携わっている人も沢山います。私たちは最近ブリストル郊外のカントリーサイドに引っ越しました。騒々しい都会暮らしからほんの少し離れるだけでもっと無邪気に子供時代を送れるし、自然に囲まれて暮らす事が出来るようになりました。都会でのクリエイティブな息遣いも感じられるし、家に帰れば静かでのどかな田舎暮らしに戻れるのは素敵な事です。
J ブリストルは魅力的な所だと思います。ちょうどいい規模の中に色んなの要素を持っている土地柄です。都会の荒廃したちょっとアブナイ感じのする所もあるし、ステイタスのある優雅な感じも味わえる。そしてそういう都会の喧騒から逃れて自然豊かなカントリーサイドにもすぐに行けます。どんなライフスタイルも同時に出来る、そんな場所です。
旅をするなら、どこに行きたいですか?
F 旅行してみたいところは沢山あります、カラフルなインド、ドラマティックな地形広がるニュージーランド、ワイルドなアウター・ヘブリディーズ、歴史探訪エジプト、お花見の頃の日本…
J 僕は世界中色んな所を旅していたけどまだアフリカには行ったことがありません。音楽的にモロッコとチュニジアにはとても興味があります。
あなたにとっての楽園とは?
F パラダイスはダイニングテーブルに座ってロウソクを灯しビールを飲みながら絵を描く事。家じゅう静まり返って子供達は二階で寝ている…空には月が上り庭の隅から続く森の影だけが見える…そんな夜。
J パラダイス?うーん、六時間以上寝ることが出来たらそれは結構パラダイスに近い!

あなたにとっての冒険とは?
F アドベンチャーは子供達と一緒にベルテントをもって国内の手付かずの海岸沿いでキャンプをする事。ワイルドな海で泳ぎ、キャンプファイアーでご飯を作って、雷嵐が吹き荒れる夜テントの中で眠る事!
J アドベンチャーは色んな形があると思うけど…若い頃は知らない街を宛もなくブラブラ歩き回ることだったり、ヒマラヤをハイキングしたりだった。今は5人の子育てが最大の冒険。

ブリストルの中心部から少し外れた、緑豊かな環境の自宅で、静かに共鳴し合うふたりのクリエイション。
豊かな暮らしを中心に据え、自分のスタイルを確立するフランチェスカ&ジミーの、終わりなきものづくりは続く。

Menu

Close